スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年03月16日

ヘアカラーチョークの塗り方のコツ

ヘアカラーチョークの塗り方のコツ


ヘアチョーク4.jpg

ヘアカラーチョークは、日本人特有の黒髪でも
キレイに染めることが出来るのでしょうか?

日頃、髪を染めることが禁止の学校や会社などで、
休日だけ髪をカラーリングしてお洒落してみたいと思う人は
結構多いと思います。

髪全体をカラーリングするのちょっと難しいかもしれませんが、
毛先だけとか部分染めなどに使用するのがオススメです。
染めた部分は気軽に洗い落とせるので、通勤や通学に支障を来す事はありません。

普段はおとなしく目立たない存在でも、週末はヘアカラーチョークで
思い切り派手にブレイクしちゃう女性も少なくありません。

これが今時の女子高生や女子大生、そしてOLの定番スタイルだそうですね。

ヘアカラーチョークは元々ハリウッドセレブの間で取り入れられた
全く新しいヘアカラーリング方法です。

確かに、外人は金髪などの明るい色の髪の毛が多いですから、
パステルカラーがとてもキレイに映えますよね。

では黒髪が主流の日本人の髪に、ヘアカラーチョークは映えるのでしょうか。

ヘアカラーチョークと言っても、実際には画材用のパステルと
全く違いが分からないなんていうものも多くて、
12色入りとか24色入りとかで売られているものが多いようです。

価格は2,000円から3,000円程度なので、1色あたり100円前後
になるかと思います。
ヘアカラーチョークはお値段的にも手ごろなヘアカラーリングアイテムですよね。

そんな安価なヘアカラーでも、キレイに発色してくれて、インパクトのある
ヘアスタイルに仕上げられれば言う事なしですよね。

ですが、全ての人が同じヘアカラーチョークを使っても、同じ色合いが
出せるかというと、そうでもないようです。

髪質には個人差がありますし、地髪の色、そして塗り方などによっても、
仕上がりの色味は随分変わって来るようです。

日本人の黒髪には、赤やピンク、ブルーと言った明るめの
ヘアカラーチョークが発色しやすいようですよ^^

ヘアカラーチョークをキレイに仕上げるコツは、何色かの色を
重ね塗りする事です。

特に暗い色の髪の毛の人は、まず最初に白色を塗ってから
好きな色を塗ると、キレイに発色しやすいそうですよ。

また、先にブリーチなどで自毛を金髪に染めておいて、
その上からヘアカラーチョークを塗布すると、
とっても綺麗に映えるという事で、実はこれが一番人気
だったりもするんです。

じゃぁ元々派手系の髪の毛の色を好む人が使うものなんじゃないの?
って思われるかもしれませんが、勿論、一時的な気分転換やイメチェン
にも使えるアイテムです。

普段は真面目な方も、たまにはヘアカラーチョークで少し冒険
してみるのはいかがでしょうか?

自分の着ている服装に合わせて、毛先だけを少しアレンジして
カラーをプラスするだけで、全体の印象がぐっと華やかに
変身しちゃいますよ。

ヘアカラーチョークの上手な使い方やデザインなどは、
ヘアメイク関連のブログやサイトに沢山載っているので、
それらをぜひ参考にされるといいでしょう。


posted by 美魔女 麗子 at 16:44 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。